ランニング膝の痛みの原因はシューズかも。初心者に超オススメするアシックスのゲルカヤノ

ランニングで膝を痛めた事はないっすか?
膝を痛める原因は、走り方や筋力不足や疲労などいろいろな要因がありますが、その中の一つにランニングシューズがあります。

私自身、過去にランニングで何度か膝を痛めた事があったのですが、ランニングシューズを変えてからピタリと膝痛がなくなりました。これほどまでにランニングシューズの効果は大きいのかっ!

という事で、今回は膝痛防止に最適だったランニングシューズ『ゲルカヤノ』の紹介をします。動画も作ってみたんで良かったらどうぞ『ぽっちゃり系ランナーにオススメシューズ(Youtube)

履きつぶした以前のランニングシューズ

ゲルカヤノ16 (GEL-KAYANO 16-SW)

ゲルカヤノ16 (GEL-KAYANO 16-SW)

これが私がずっと履いていたランニングシューズ。アシックスのゲルカヤノ(GEL-KAYANO)というシリーズ。ランニングシューズの高級シューズであり、定価でなんと15000円くらいするのである。

1500kmくらい走ると流石にボロボロ

1500kmくらい走ると流石にボロボロ

一昨年と去年と二年に渡ってはいたかわいいやつです。何かとても愛着が湧いてしまい捨てるに捨てれない(^^)。ちなみにこのシューズで走った距離は1500kmほどです。

これだけの距離を走っても、膝を壊す事がなかったのは、この靴の性能が高いからだと思う。そこで今回は、このゲルカヤノシリーズのランニングシューズを買うことにしました。

新しく購入したシューズ(ゲルカヤノ)

ゲルカヤノ17 (GEL-KAYANO 17-SW)が8900円だった

ゲルカヤノ17 (GEL-KAYANO 17-SW)が8900円だった

スポーツショップまでゲルカヤノの最新バージョンを買いに行ったのですが、店が小さく取り寄せになるとの事でした。そこで店内をうろついていると、去年のモデル(TJG602)が格安で販売されているではないかっ!

定価が15000円なのに対して価格は『8900円』である。軽く試履きさせてもらい即購入です。ホントラッキーだった。別に去年のモデルでもゲルカヤノはゲルカヤノなので安心。

最新モデルだと『Amazon GEL-KAYANO』で12000円程度で手に入れる事ができるみたい。うーんネットでもやっぱり高いんですね。でも私みたいな型落ちだと一部で安くなっている事もるので要チェックです。

膝への衝撃を和らげるゲルクッション

膝への衝撃を和らげるゲルクッション

ランニングシューズ『ゲルカヤノ』の特徴的な部分と言えば、このかかとの部分でしょう。写真を見ての通りプニプニしてるんす。これがショックを吸収して膝への負担を減らしてるんだと思うんだ。

だって、このランニングシューズは履くまでは、膝を何度も壊していたけど、このシリーズのシューズ履いてから膝が壊れる事がなかったです。このランニングシューズは、体重の重たい人に人気があるらしく、私みたいに体重の重たい人の膝への負担を軽減してくれるらしいです。

初心者が軽量なプロモデルシューズを履くと膝を壊す!?

初心者が軽量なプロモデルシューズを履くと膝を壊す!?

踵の厚みを比較したいという事ですが靴を並べてみました。ちなみに左側はランニングシューズではなく普通の靴。

今回、購入したシューズは、クッション性に優れ踵が非常に分厚いのですが、逆に左側の靴は全然厚みがありません。そうこれだけ厚みが少ないと衝撃がダイレクトに膝に伝わるので膝を痛めやすいのです。

ランニングシューズのプロモデルというやつは、とても軽量に出来ているのですが、シューズ裏のクッション性がすごく少ない。よって走り慣れてない初心者がはくと膝を壊したり故障する事が多いようです。

ランニングに求めるのは速さじゃなく、やり続ける事でしょ

ランニングに求めるのは速さじゃなく、やり続ける事でしょ

アスリートにとっては、スピードが大切。だから軽量なプロモデルのランニングシューズを履くのはわかります。でも私のようなダイエッターにとって、スピードは二の次です。

今回、紹介したアシックスのゲルカヤノなどは、重たいシューズであるため、プロモデルと比べるとスピードは出しにくです。でもダイエッターに必要なのはスピードではなく、ランニングを健康的に長く続ける事でしょう。だからスピードなんてどうでもいいんです。

むしろ、シューズが重いから、カロリー消費がより一層進むかもしれません。更に膝は壊れにくくなるし・・・あれっ重たい靴っていい事しかないじゃありませんかっ(笑)

ランニングシューズは足幅も合わせるべしっ!

ランニングシューズは足幅も合わせるべしっ!

これは過去に、高いランニングシューズを一足、無駄にして気づいた事です(苦笑)

普段履く靴程度でしたら、多少サイズが違っていても大丈夫なのですが、ランニングシューズだとそうはいきません。失敗した靴は店員さんに相談して買ったんだけどね。

靴の長さは合っていたんですけど、足の幅があってなかったんです。最初は、むっちゃ足にフィットしていて、いいと思ったんですが、ランニング一時間を超え始めると、足の皮がめくれはじめ、ちょー痛い。何度か履いて練習したんですけど、全滅です。ランニングにフィットしすぎはダメみたいですね。

そこで、違うスポーツショップに行って相談すると、幅が広いモデルもあるんですよとの事。そこで店員さんがオススメしてくれたのがゲルカヤノのスーパーワイドのモデルなんです。どうも私の足は、長さに比べて幅が広いようです。

例えば、今回紹介したゲルカヤノシリーズだと、足幅に合わせてこれだけ種類があるみたい。

GEL-KAYANOのシリーズ

  • GEL-KAYANO 18-SLIM
  • GEL-KAYANO 18
  • GEL-KAYANO 18-SW
  • LADY GEL-KAYANO 18
  • LADY GEL-KAYANO 18-slim

メンズだと三種類、レディーだと二種類だな。『GEL-KAYANO一覧(amazon)』より、一覧の確認もできるので確かめてみて、ネットは多少なり安いんだけど、ランニングシューズばかりは、絶対に試着をオススメします。すぐネットより注文しないようご注意下さい。かならず履く事!

小指の辺りがゆったりして長時間走れるようになった

小指の辺りがゆったりする

上から分かりやすいよう、普通のシューズと撮り比べてみたんですが、わかりずらいですね(^^)

ちょっと注目していただきたいのが、シューズの小指の部分。左側にあるスーパーワイドのゲルカヤノの方は、なんか小指の部分がでっぱってますよね。ほんの少しの差なんですけど、これがあるとないとでは全然違います。

幅を広げてからは、1時間を越えるランニングでも足の皮はめくれたことがないですし、去年初めて挑戦したフルマラソン『ホノルルマラソン2011』でもまったく皮はめくれません。ホントにシューズのサイズ合わせは重要っす。

あと、私は違うのでわかりませんが、外反母趾の方にとってもこのシューズは楽という書込みをみた事があります。

さて、今年もランニングシューズを履きつぶすぞー

さて、今回もランニングシューズを履きつぶすぞー

さて、あのホノルルマラソンより半年間、一切走っていません。もう足腰の筋力は元通り戻っている事でしょう。

そろそろ暖かくなってくるので、いい加減、走りたくなってきました。今年はもう29歳です。地元で毎年行われる福井マラソンで20代の部で出場できるラストチャンス。今年は過去最高のタイムを出してみようと思う。目指すは、ハーフで1時間30分!

さてこのランニングシューズとともにがんばっぞー。今年もこれくらい履き潰してやるぜ!

くどいけど、いいランニングシューズをオススメします!

くどいけど、いいランニングシューズをオススメします!

ちょっと、くどいんだけど、これからダイエットのためにランニングを多く行うって方には、少し高めのいいランニングシューズを買う事をオススメします。

もちろん、今回紹介したアシックスのゲルカヤノじゃなくてもいいんです。初心者に適したクッション性能の高いものを購入されるといいですよ。

ランニングで膝壊した事のある人ならわかると思うけど、本気痛くて一ヶ月なり数ヶ月走れなくなるって事になることもあるからね。マジ膝の故障には気をつけてください。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

ダイエット写真

100日ダイエットやゴリマッチョダイエットの記録や、食事法、運動法などを綴ったブログです。

基本的には根性で痩せるという自分に厳しいダイエットです。根性のある方はぜひチャレンジ下さい。

スポンサードリンク

月別