ナイトランは危険がいっぱい!光るアームバンドで事故防止

昼間走れないから、夜にランニングをする方も多いと思います。でも夜間のランニングって危険がいっぱい。無点灯の自転車がいたりしてぶつかって怪我するなど全国的に痛々しい事故が多発しているようです。

この光るアームバンドをつける事で完全に事故はなくなるかというと、そうではありません。でも多少なり事故にあう確率を減らせるので暗い場所でジョギングしている方にオススメしまっせ!

事故を防止セフティーバンド

セフティーバンド RL353 価格は約1500円

製品名は『SMART ARM LIGHT』って言うのかな。amazonにて1500円で売ってました。見た目の割にちょっと高い気もするが、それで安全を買えるのならいいのかも。

製品購入ページ

なぜコレが必要なのかというと、接触事故に合わないためです。どうしても街頭のない場所は多く、走っていて暗い場所ってありますよね。しかも残念な事に無点灯の自転車ってのも数多くいます。

無点灯だと、あちらからランナーの姿が見えず『バーン!』とぶつかって、怪我するって事が多いみたいなんですよ。もちろん暗すぎる場所だとランナー同士の接触もあるから、私はココを走ってるよっていうサインが欲しいんだな。

ナイトランだけじゃない、犬の散歩などにも使える

セフティーバンドは何もナイトランだけに使うのではありません。用途としては下記のような使い方があるみたいですよ。

セフティーバンドの用途

  • 自転車
  • ジョギング
  • 犬の散歩
  • アウトドア

夜間、犬の散歩をしている方って多いですね。もちろん犬の散歩でも接触事故の可能性はあるから、道が暗い場合には有効かもね。あと1ついいと思ったのは自転車。

自転車は、道路を走らないといけないので夜間だと後ろから車に追突されないか恐いんですよね。

連続使用時間は100時間

リフレクトライトの連続使用時間(点滅時)は100時間とたっぷり。点滅の方が自分がここにいるってアピールできるから基本的に点滅点灯での使用でいいと思います。

電池は『RL353』というボタン式のものを使用するみたいです。もしリフレクトライトを購入する場合は予備として1つ2つ買っておくといいでしょうね。

使い方は簡単、ボタンを押すだけさ

セフティーバンドの使い方は簡単です。ボタンを押すだけなんですね。一回押すと『点灯』更に押すと『点滅』となります。これなら誰でも使える。

セフティーバンドの効果とは

こんな感じに腕につけて使用します。さてもうわかっていると思うがセフティーバンドの効果を挙げてみたぞ。

効果

  • ココに誰かいるぞ!ってアピールできる
  • アピールする事で衝突する危険性を低くする
  • 仲間と走っている時、仲間居場所が確認しやすい

結局のところ、自分がココにいるぞっていうアピールなんですよ。反射材をつける方法もあるけど、あれは光が当たる事で効果を発揮するので、無点灯の自転車とかには効果がないんです。

でもコイツは自分で発光するので、無点灯自転車に対しても有効です。というか無点灯で自転車にのるのはやめようね。

足につけるのもあり

私の汚い足を見せてしまい申し訳ない(^^)
セフティーバンドというからには、腕につけたくなると思いますが別にどこでもいいんです。なのでこのように足につける人も多いみたいですよ。ちなみに、このバンドの重量は50g。どこにつけても特に重さを感じる事はありません。

バンドの取付け取外しは簡単

写真のような構造になっているので、バンドの取付け取外しは簡単です。ナイトランだったら手足につければいいし、自転車とかだったら背中に背負っているリュックとかにつけてもいいね。

長さの調整も可能で、先程の写真にあったように私の腕にでも取付けできます。いままでアームバンドっていうと標準的な腕の太さの人に向けて作られているので、腕に合わない事が多々あったんだよ。

自分で電池を交換できます

このように自発光するセフティーバンドは他にもあるんですが、自分で電池交換できないタイプもあるみたいです。

その点、コイツはネジを外して電池交換ができるんです。100時間電池が持つといっても、いっぱい走る方にとっては数ヶ月でなくなる事もありますよね。そういった点ではちょっといいかも。

ヘッドライトも使えるよ

ちょっと重装備になってしまうのですが、ナイトランで最強に便利なのはやはりヘッドライトですね。ものは『デルタピーク233』というものです。価格は今だと約2800円。

商品購入ページ

ただ、私がいつも走っているコースだと、こんな装備している人はいませんね(笑)。まぁいいんです。危険性を少なくできればね。

実際ランニング中は何もつけたくないんだけど、どうしても夜間は危険がいっぱいだから、反射材やセフティーバンド、ヘッドライトなど使って防げる危険は防いでいこうね。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

ダイエット写真

100日ダイエットやゴリマッチョダイエットの記録や、食事法、運動法などを綴ったブログです。

基本的には根性で痩せるという自分に厳しいダイエットです。根性のある方はぜひチャレンジ下さい。

スポンサードリンク

月別